アクアリウムと写真、2つの趣味を合体させたブログを目指します!
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08
05
(Thu)

みなとこうべ海上花火大会 

8/7(土)は,みなとこうべ海上花火大会です.
今年も行けそうにないので,3年前のベストショットを再掲載です^^;

この花火大会はポートアイランドからの撮影がオススメです.
途中でライトダウンしますが,夜景も一緒に写せる時間帯があります.

DSC_5609022-1.jpg

kobehanabi013.jpg

Nikkon D70
F/11.0,4.0 sec

マニュアルモードで設定してみてくださいね.
花火撮影のシャッタースピードは4~5秒くらいがちょうどいいです.

あとは三脚とレリーズを用意すれば完璧です^^

帰りのポートライナーが混むので,花火が終わったあとは
ちょっと時間をつぶしてから駅に向かうと快適に帰れると思います^^
スポンサーサイト
2009.05
02
(Sat)

軽量級期待の新人 

しばらく検討中だったAF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G,やっぱり買っちゃいました^^

DSC_8251.jpg

一部でAF時の不具合が伝えられていたので,店頭で動作確認させていただき,問題ないことを確認してから購入しました.

DSC_8249.jpg

D40に装着すると,とってもバランスいいです.
約200gという軽量さもすばらしい^^
(もうちょっとAFが高速だったらもっとうれしかったけどね)

明るく,写りもいいので,愛用レンズになりそう^^
2009.03
29
(Sun)

HDRなレタッチ 

今年は早い春だと思いきや,最近は寒い日が続きますね。
暖かくなるのを待ちわびているかのように,桜のつぼみがふくらんでいましたよ.
来週末くらいには咲いているかなぁ^^

さて、今日はHDRというものを紹介しますね^^

HDRとは“High Dynamic Range”の略で、異なる露出の画像を合成して、デジタル写真の諧調表現の限界を超えてしまおう(=High)というものなのです.
いろいろなソフトウェアがあるようですが,今回はPhotomatix Pro3.0の体験版で遊んでみることにしました.

体験版は株式会社ジャングルさんからダウンロードできます.
HDRsoft社が本家で,こちらにも英語版ですが,3.1バージョンの体験版があります.
デジカメWatchのこのページでも紹介されていましたので,ご参考まで.

まず,露出が①2段アンダー,②適正,③2段オーバー,の計3枚の写真を用意します.
もちろん被写体・構図は同一のものでないといけないので,基本的には三脚が必要です.
機能がある場合は,露出ブラケット+連写で撮影すると簡単です.

①露出アンダー(-2段)
DSC_8197.jpg

②適正露出
DSC_8198.jpg

③露出オーバー(+2段)
DSC_8199.jpg

まずはトーンマッピング(トーン圧縮)から.
この機能は完全フリーなので,処理後に“Photomatix”のウォーターマークも入りません.
(トーンマッピング(細部強調)と露出合成で,ロゴを入れない方法は後ほど…)

各種パラメーターをプレビューとヒストグラムを見ながら適当にいじります.
っていうか,未だによく分からずやってます^^;

これでいいと思ったところで処理を実行し,保存するだけです.
今回できたのは冒頭の写真ですが,大木は露出オーバーの画像から,空はアンダー~適正露出の画像から合成されているのが分かると思います.
露出合成などより派手な演出ができますが,ノイズが出やすいらしいです.

トーン圧縮画像
DSC_8199_7_8.jpg

次は細部強調.
そのまま加工すると前述のとおり,ロゴが入ってしまいます.
そこで,なんとかして入らないようにしちゃいます.

その1 180度回転させた画像と合体させる
↓普通に処理したもの
123.jpg

↓180度回転した画像を処理し,180度戻したもの
456.jpg

あとはフォトショとかのソフトで2つの画像を重ねて,上のレイヤーのロゴの部分だけ削ると,下のようなロゴが入ってない画像が出来ます.
(私はフリーソフトのGIMPでやりました)

細部強調
123456upsidedown.jpg

その2 小さい画像で処理する
これはもっと簡単.小さくリサイズした画像でHDR処理するだけ.
(詳しくはこちらを参照)
ブログに掲載するくらいのサイズなら全然問題なしです.

出来上がりはこちら↓
123456mini.jpg

全然使いこなせてないので,肝心のパラメーター設定については何も言えないのが残念ですが,いろいろいじっているだけでも楽しいですよ!
興味のある方はぜひお試しくださいませ^^
2009.03
19
(Thu)

プラティのCD発売? 

PhotoFunia-d4e2.jpg

パリス・ヒルトンもプラティのファンらしいです…なんてね^^;
これもPhotoFuniaで加工してます.
使っててナンですが,肖像権とか問題ないのかな?^^;
2009.03
17
(Tue)
PhotoFunia2.jpg

PhotoFuniaで加工してみました.
いろいろバリエーションがあっておもしろいです^^
2009.03
15
(Sun)

もうすぐ春だなぁ~^^ 

関西は風が強かったですが,もうすぐ春だなぁと思わせる日差しでした.
2週間経てば桜も咲くんですよね.1年あっという間です^^;
DSC_0101_1.jpg

昨日,久しぶりに40cm水槽のフィルター(エーハイム2213)をメンテナンスしました.
とてもお見せできるような絵ではないので,菜の花の写真でごまかしております^^;

前はいつ洗ったかなぁ…だいぶ汚れてましたね^^;
濾材をフィルター内に残った水でザブザブして,ブラックホールも新品に換え,インペラとか稼動部分もハブラシできれいにしました.

これで完璧!と設置,稼動させたのですが,トラブル発生!
エア噛みがいつになってもおさまらないのです…
フィルターをゆすってみたり,いろいろ試してもダメ…

フィルターケースからエアが入り込んでいたようなので,念入りにグリスをOリングに塗って再稼動させたところ,無事エア噛みも解消^^b

外部フィルターのフィルターケースとモーター部分の接合部分って陰圧になってるんですね.
密閉度が悪いと水漏れじゃなくてエアが侵入するようです.

どうしてもエア噛みが直らないときは,フィルターの密閉度が悪くなっているかもしれません.
みなさまもお気をつけあれ~^^
2009.03
04
(Wed)

画像のリサイズ 

唐突ですが,ブログに掲載する画像ってリサイズしますよね?

私はFast Stone Photo Resizerというリサイズ専用のフリーソフトを使っていますが,設定もいろいろ便利に変更できて,一括処理もできるので,とても重宝しています.
(タダなのもイイです^^)

DSC_0849.jpg
この写真もFast Stone Photo Resizerでリサイズしてます.
(312x470ピクセル)

最初はなんかファイルサイズがやたら大きくて(3MBとか^^;)困っていたんですが,Output Format Settingの“keep EXIF data/IPTC data”のチェックを外すと急に軽くなって52KBに!!
IPTCってのはよく知りませんが,たぶん元情報を保持したままリサイズしてたんでしょうね.
なんにせよ軽くなるのはいいことです^^
Fast Stoneのビューアも使いやすいみたいなので,今度試してみよっかな^^
2009.02
15
(Sun)

試し撮り♪ 

今日は免許の更新に行ってきました.
ついでにテスト撮影を…
DSC_0001.jpg
中古でD40買っちゃった^^;

もともと小型,高感度OKな機種で気になっていたのです.
ぴったりフィットしそうな単焦点レンズAF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 Gが発表されて物欲なところに2万円を切った中古D40が目の前に…^^;
2008.10
19
(Sun)

コスモスてふてふ 

今日も秋晴れ.ちょうどいい気候で気持ちいいですね^^

近所の道路に咲いていたコスモスをパチリ.
DSC_75580004.jpg

蝶は,ツマグロヒョウモンの雄かな?
秋の蝶で調べてみたら,結構メジャーな蝶のようでした.
私はぜんぜん知識がないので,はじめて知りましたが^^;

ちなみに“チョウチョウ(てふてふ)”とは,掌(手符)が2つのことだとか.
たしかに掌2つで蝶にみえますね^^

さらにちなみに,イチョウは“いてふ(行てふ)”で飛ぶ蝶のように見えるから.
いやぁ,古の人々は優美な感覚の持ち主のようで…^^



気候は最高なのですが,毎年このころはどうも体調がよくないみたい.
喉に違和感があったり,頭がボーっとしたり…
ひょ,ひょっとして…花粉症!?

毎年風邪気味だなぁ…と思ってるんですがね^^;
2008.04
12
(Sat)

画像認証つけました。 

コメントいただく際に画像認証をお願いする設定に変えました。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします^^

何もないのもナンなので、最近撮った写真を…
DSC_70040190001.jpg


本当は桜のマクロ写真を紹介したかったんですけど、イマイチで…
毎年気合を入れてマクロするんですけどねぇ^^;
2008.02
17
(Sun)

祝!2年目突入! 

DSC_68580590001And2More_tonemapped30001_1.jpg
HDRなミニチュア風夜景(記事内容とは無関係です^^;)

本当は昨日更新したかったのですが、睡魔には勝てず、今日の更新となってしまいました^^;
というのも、昨日がブログ開設1周年記念日だったんですね~

自己満足的な記事ばかりのような気もしますが、皆様のおかげでここまでたどり着けました。
お付き合いいただき、ありがとうございます^^

ブログ開設のころとはスタイルも随分変わってきたように思いますが、現在の「39cupyのアクアリウム写真館」がどんなブログになっているのか?ということで…

先日ブログ解析なるものを見つけたので、2/17現在の「39cupyのアクアリウム写真館」を解析してみましたよ。



〈解析結果〉
スッキリ感 がブログからにじみ出ています。

話題に関しては 事件 について多く書かれているみたいです。


って、なんじゃこりゃ~^^;
スッキリ感はともかく、事件って…
まぁ、アクアリウムやってたらイロイロ事件もあるけどね^^;

内容はともかく、ブログ同士の相性診断とかもあるので、お時間のある方はお試しになってはいかがでしょうか~


気を取り直して、今日からブログ2年目です!
これからもマイペースに続けていけたらいいなぁ、と思っております。
よろしくお願いしますね~^^
2008.02
11
(Mon)

小春日和 

前記事では心配させるような文章を書いてしまい、失礼いたしました。

かなり凹んでいたのですが、ようやく落ち着きを取り戻してきました。

もう大丈夫です。

(アクアリウムのスタイルには影響を与えるかもしれませんが…)


大木0001_2


さて、今日は気分転換に近所の河川敷までお散歩に行ってきました。

昨日までとはうって変わって寒さも和らぎましたしね^^

上の写真は河川敷にあるお気に入りの大木です。

とても強い生命力がみなぎっていて、なんだか癒されました^^

屋久杉はもっとすごいんだろうなぁ…

一度は拝んでみたいものです。
2007.09
30
(Sun)

ルービックキューブ水槽? 

9e5b3a8bd1d96545_o.jpg


ちょっと古い水景ですが、こんなのも作れます^^
リシアまたやってみようかなぁ…

コチラ
で加工できますよ~
2007.09
29
(Sat)

大盛況♪ 

なかなか大盛況でした^^

6169b121fb30c579_o.jpg

85b329dcc6e53ede_o.jpg



e6aa48400afc08b6_o.jpg


6079b2c2bff5b9dc_o.jpg















なんちゃって^^;

8d1d162d30933a5d_o.jpg



これはなかなか遊べるなぁ^^b

コチラでいろいろできるのですよ。
2007.09
26
(Wed)

中秋の名月<今日の月<満月 

がぼさんの記事に触発されて撮影。
ムズカシイ~^^;
DSC_600900120001.jpg

絞り優先F8で露出をマイナス3段。三脚&セルフタイマー使用。

いい望遠が欲しいなぁ。
サンヨンとかね…って先立つ物がないけど^^;
2007.08
06
(Mon)

ハナビ 

すっかり遅くなってしまいましたが、土曜日に行ってきた神戸花火大会の写真です。

今年はポートアイランドの神戸学院大学近くから見物&撮影しました。
今年初の観覧席だったんですが、とっても空いててオススメです^^
来年もそこに行くことになりそうです。

大学は出来立てでとってもキレイでした。
風力発電の風車もあったりして。
それにしてもこの人の少なさ!
いくらでもシート広げられます^^
DSC_55870010001.jpg


嫁さん作のおべんと食べて腹ごしらえをしたら、ちょうど7時半。
そろそろ撮影開始です!

さて、本題の花火写真7連発です~
自分的にはまあまあな出来かなと思ってますが、いかがなもんでしょ?
だいたいどれもマニュアル露出で絞りF11、シャッタースピード4秒です。
ご参考まで。
DSC_55970100001.jpg


DSC_56090220001.jpg


DSC_56520590001.jpg


DSC_56830880001.jpg


DSC_56850900002.jpg


DSC_56870920003.jpg


DSC_57051090001.jpg


最後は神戸の夜景。
DSC_57201190001.jpg


来年は今年の経験を活かして、もっといいのが撮れたらいいなぁ^^
2007.08
04
(Sat)

撮影準備♪ 

さてさて、今日は花火大会です^^
今年も例年通り、神戸の花火大会に行くことにしました。
(近年、淀川花火大会と同日開催なんですよね)

台風の影響を心配していたのですが、
どうやら問題なさそうなので、よかったです^^

毎年悩むことなんですが、どのレンズ連れて行くかなぁ…

いろいろ悩んだ末、今のところ、こんな装備で行く予定です。
DSC_55840010001.jpg


まず、三脚。
これは絶対外せない。
4秒とかのスローシャッターですからね。
ないと縮れ毛みたいな花火の軌跡になっちゃいます^^;
ちなみにこの三脚、親父のお古で結構重め^^;

予備のバッテリー。
これも必要ですね。
露出の時間が長くなると、デジカメはすぐ電池なくなります。
通常の撮影とはCCDへの通電時間が全然違いますからねぇ。
できるだけ液晶画面に画像表示しないなどの工夫も有効です。
(たとえば自動プレビュー表示機能をオフにするなど)

レリーズ。
D70はリモコンレリーズなのです。
使いやすいような、使いにくいような…
シャッターを押す時のブレをなくすために、コレでシャッターを切ります。

そんでもって、レンズはAF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)で決まり。
軟弱な万能レンズですが、装備をできるだけ軽くしたいので、これ1本でいきます。
三脚アリなので、手ぶれ補正はこの際関係ないですが、そこそこの写りと広角から望遠までOKなところがイイですね^^
露出は去年の感じだと、マニュアル露出でF11、4秒前後で撮影するとよかったかな。

あと忘れてはならないのが、愛機D70。
私に写真の楽しさを教えてくれた相棒です^^

充電もバッチリだし、準備も万端。
いいのが撮れたらアップしますね~
お盆代わりで実家に顔出すので、後日になりますけど。

さあ、そろそろ出発だ~^^b
2007.07
31
(Tue)

Nostalgic 

DSC_55590010003.jpg

Nikon D70
Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4
12mm、1/60 秒、F/8
SILKYPIXにてノスタルジックテイスト適用
2007.07
17
(Tue)

PLフィルター 

下の2枚の写真を見比べてください。
どっちが良く映ってると思いますか?

A
DSC_55360010001.jpg


B
PLあり




う~ん^^;
イマイチ違いが分からないかも。
じゃ、これは?

A
DSC_55390040004.jpg


B
PLあり


左奥水面の照明の反射(ぎらつき)にご注目~
Bの方がぎらつきが少ないでしょ?
あとガラスのふちの反射具合とか。

Bの写真では、実はこんなフィルターを付けて撮影したんです。
(Aはフィルターなしです)
PL

そう、PLフィルターです。

風景写真でよく使うフィルターなんですが、被写体の光乱反射をカットし、クリアにする効果があります。

AJとかの雑誌で、水槽の上から撮影してる写真は、おそらくこのPLフィルターを使ってるんだと思われます。

たぶん、ですけど^^;
2007.05
26
(Sat)

おすすめのデジタル現像ソフト 

今日紹介するのは、デジタル現像ソフトのSILKYPIXです。
(↑こちらからダウンロードできます)
このソフトは、本来デジカメのRAWデータをJPEGデータなどに現像処理するためのものなんですが、JPEG画像のレタッチにも使えるようなってます。
無料のフリー版でも十分遊べるので、一度試してみてはいかがでしょうか?
ちなみにお試し版には、すべての機能が使える試用版(期限付き)と機能が限定されているフリー版が用意されています。
(試用版を使ってみてますが、フリー版でも十分かも…^^;

まずはホワイトバランスの再設定処理から試してみましょう!
ぽっとおりじなる ぽっとほせい

左:オリジナル、右:オート(SILKYPIX)

カメラのオートホワイトバランスでは赤かぶりしてますが、SILKYPIXではオートでキレイに設定できています。
いろいろな画像で試してみましたが、かなり優秀なオート設定のようです!

お次はソフトにあらかじめセットされている、レッドエンハンサーというテイストを使ってみると…
まくらんだおりじなる まくらんだれっどえんはんさー

左:オリジナル、右:レッドエンハンサー(SILKYPIX)

お~!マクランダの赤色が効果的に強調されていますね~^^b
赤系の水草で使えるかも。

他にもいろいろ遊べそうな機能がついてますが、フリー版でも使えるオートホワイトバランスと各種テイストがいい感じでした!
タダで使えるってのがスゴイです^^


最後に本日の水景を…
25C20070526


リシアの勢いがエライことになっております…
っていうか、トリミングしなきゃ~^^;
りしあ




【参考までに】
一般的なデジカメの画像処理は次のように行われています。
①写真を撮る→②RAWデータ→③カメラ内処理(ホワイトバランスなど各種設定)→④JPEGデータ→⑤見る

ただし、特定のデジカメでは、②のRAWデータを保存し、後から設定を決めてJPEGデータに変換(デジタル現像)することが可能です。
③の処理は不可逆な圧縮を伴うので、後から設定ができるRAWデータ撮影は、作品作りには欠かせないようです。
欠点はデータが未圧縮なので非常に重たい、後から大量のデータを現像するのが面倒などでしょうか。
(私もこれらの理由でRAWデータは使ってません)

今回試してみたのは、JPEGデータに対してホワイトバランスを変更するもので、多少の画質劣化があるはずなのですが、ほとんど劣化は感じられませんでした。
こだわり派でなければ、十分使えると思います^^
2007.05
19
(Sat)
今日は露出について書いてみたいと思います。
すでにご存知の方は読み飛ばしてくださいね~
(ちなみにホワイトバランスについての説明はこちら

さて、そもそも写真でよく聞く「露出」ってなんでしょうか?

以外と簡単なことで、小学校のころ理科の実験で、虫眼鏡を使って紙を焦がしたりしましたよね。
これが「露出」なんです。

フィルムカメラだとフィルム、デジカメだとCCDが露出して絵が焼きついたり、記録されるわけです。

ではこの「露出」は何で決まるかというと、お題に挙げたレンズの絞りとシャッタースピードなんです。

式にすると…
「露出=レンズの面積×シャッターの開いた時間」なんですが、下の5枚の写真を見てください。

1

↑絞り:F2.8、シャッタースピード:1/100秒

2

↑絞り:F4、シャッタースピード:1/50秒

3

↑絞り:F5.6、シャッタースピード:1/25秒

4

↑絞り:F8、シャッタースピード:1/13秒

5

↑絞り:F11、シャッタースピード:1/6秒

どの写真もほとんどおんなじに見えますね^^
絞りとシャッタースピードの組み合わせが違いますが、実はこれらはすべて同じ露出の写真なんです。

レンズの面積は、絞り値がF1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11…の順に半分になっていきますので、F2.8がF4になるとシャッタースピードは2倍遅くなっています。
(ちなみに、このF値の刻みを「1段」と呼びます。)

虫眼鏡の例でいうと、大きい虫眼鏡を使うと早く紙が焦げて、小さな虫眼鏡を使うとなかなか紙が焦げないのと同じことです。

では、レンズを絞ると何が変わるかというと…
被写界深度が深くなる、つまりピントの合う範囲が広くなります。
写真ではスヌーピーの目にピントを合わせて撮影していますが、F値を大きくするほど後ろのポポちゃん(くま)が鮮明になっていくのが分かりますね!
一眼レフで水景全体を撮影する場合などは、しっかり絞って撮影しましょうね^^
シャッターが遅くなる場合は三脚が必要かもしれませんが…
余談ですが、レンズの小さな(絞ったのと同じ)コンパクトカメラでピントが合いやすいのはこのせいなんですよ~

また、レンズを絞らないようにするとピント合わせが難しくなりますが、ピントの合っていない部分のボケる量が多くなって、マクロ撮影などは幻想的な感じになります。

ただ、生体のマクロ撮影は絞り開放ではピント合わせが非常に難しい(ほとんど運任せの世界です^^;)ので、ある程度絞って撮影することをおすすめします。

オススメの方法は、①画質的に許容できるところまで感度を上げる、②シャッタースピードが遅くなりすぎないように気をつけて、できる限り絞る(F値を大きくする)ことですね!
最近のデジカメは高感度に強くなっていて、思い切ってISO感度を上げても問題ないことが多いですのでぜひお試しあれ~^^b
2007.05
13
(Sun)

Canon AE-1 

先日、嫁さんの実家からこんなものを預かってきまして…

AE-1


Canon AE-1です^^

こいつは1976年に発売開始されたマニュアルフォーカスのカメラなんですが、AE(自動露出制御機能のこと)が搭載されています。
(AE機能が付き始めた最初のころのカメラです)
ちなみにAEはシャッタースピード優先です。
被写体にカメラを向けたとき、適正な露出(シャッタースピードとレンズ絞り)をカメラが決めてくれるのがAEですが、撮影者がシャッタースピードを決めて、カメラがそれにあわせてレンズの絞りを自動で決めてくれます。

このカメラ、嫁さんの小さいころに大活躍していたものだったんですが、15年くらい前から写りが変になってしまって、お蔵入りしていたものなんだそうです。
修理できるのなら、直して欲しいということで、我が家に持って帰ってきたのでした。
ただ、どんな風に変だったかはよく分からなかったので、とりあえず試し撮りしてみました。


ほうおうどう


京都の平等院鳳凰堂です。
(このカメラだけで行ってきたので、デジタルはなしです…)
ちなみに私はいつもNikon D70で絞り優先AEを使っているので、撮影してると違和感がありました^^;

問題の写真ですが、3分の1くらいの写真で真ん中あたりにオレンジ色の帯が…
見事な光線かぶりです~
ウム、そういうことだったんですね^^;

これかな?って予測はしてたんですが、やっぱり考えられる原因はコレですねぇ…

かび1

かび2


光線がカメラの隙間から入って、フィルムが露光しないように、モルトプレーンという遮光用の緩衝材が張ってあるんですが、これがカビてしまっていてボロボロなんです^^;
(白い点々がいっぱい付いています…分かります?)
へたったモルトを貫通した外光が、スプールに巻き取られているフィルムを感光させたのではないかと推測されますね~
という訳で、久々にモルトの交換作業開始です!

もると


交換用のモルトプレーンと古くなったモルト除去用のクリーニングエージェント(ていうか、ただのエタノール)です。

まずはエタノールで古いモルトを湿らせて、粘着剤が剥がれやすいようにして、擦り落とします。

じょきょご


まあまあキレイに落とせましたね^^

今度は新しいモルトをカッターで切って張り付けます。
このモルトは接着剤付きなのでそのまま張るだけです。

もるとこうかんご


モルト交換後です。キレイになりました!
(他の部分にもモルトがあるので、全部交換します)

交換後のテスト撮影は来週くらいにやってみようかなと思います。
たぶんこれで光線かぶりの原因は解決してると思うんですが、もしダメだったら修理依頼するしかないですねぇ^^;
2007.04
24
(Tue)

ホワイトバランスについて 

本日はデジカメ特有のパラメータ、ホワイトバランスについて書いてみたいと思います。
デジカメをお使いの方にとって、参考になれば幸いです^^

まずホワイトバランスとは何でしょう?

上手く説明するのは難しいですが…
人間の目では、光源の色に関係なく、白い被写体は白く見えます。
これは人間の目が補正してくれているからだそうです。
(逆に言うと、被写体の色は光源によって変化するということです)

デジカメでも同様の補正をかけないと、
白い被写体が白く写ってくれません。
この補正をしているパラメータがホワイトバランスです。

最近はオートのホワイトバランスも使いやすくなってますが、アクアリウムに関しては手動で設定した方がいい結果が得られることが多いように思います。

ホワイトバランスがずれていると、白色を基準として他の色も決められているので、白色だけでなくすべての色がおかしくなってしまいます。

例を示すと…
WBA

ホワイトバランス設定:オート
なんかアマゾンチドメグサの葉色が黄緑色っぽいですね^^;
ちょっとホワイトバランスの設定がずれているようですね。

そこで、ホワイトバランス設定を蛍光灯にして、前後±3の設定で撮影したものが次の3枚の写真です。
(分かりやすいように、ちょっと大げさに値を振っています)

WB1

ホワイトバランス設定:蛍光灯-3(7200K相当)
さわやかなカンジが全くしませんね^^;
完全に赤かぶりしてます…
でも生体を撮るときは、マイナスの補正で意外とイイときもあるんですよ~
(赤っぽい蛍光灯下でお魚を見たのと一緒です)


WB2

ホワイトバランス設定:蛍光灯±0(4200K相当)
まあまあ実際の色見に近いでしょうか。
肝心の葉色も実際の緑色に近いカンジになりました^^


WB3

ホワイトバランス設定:蛍光灯+3(2700K相当)
こっちは青かぶりしてますね。
なんか生気がないカンジがしちゃいます…


ということで、今回の場合は蛍光灯±0が一番しっくりくるので、これを採用することになります。

まあいつも光源は変わらないでしょうから、一度実験してみて、よさそうな設定を見つければOKです。
(毎回こんなことしてません^^;)

なんか実際と色味が違うなぁ…って方は一度お試しあれ~^^
2007.04
08
(Sun)

さくら 

今、関西では桜が全盛期です^^

嫁さんの体調もいまいちなので、
一人で家のすぐそばの桜を撮影してきました。

まずはマクロで。
半逆光で花びらの透明感を強調してみました。
さくら1

桜の花
Nikon D70
TAMRON SP AF90mmF2.8 Macro
90mm、1/2000 秒、F/6.3


お次は広角レンズでパース(遠近感)を効かせて撮ってみました。
広角レンズだと近くの被写体が大きく写るので、
このようにパースを強調することができます。
個人的にはこんな写真がけっこう好きなんですが。
さくら2

桜の花
Nikon D70
Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4
12mm、1/1600 秒、F/6.3


望遠の圧縮効果でまとめてみました。
圧縮効果とはピントが合っているところだけ浮き出すように見える効果のことです。
望遠レンズで後景や前景をぼかすと、この効果が得られます。
さくら3

桜の花
Nikon D70
TAMRON SP AF90mmF2.8 Macro
90mm、1/2500 秒、F/3.5


やっぱり一人で桜の花を見ても楽しくないよ~(涙)
ホントは夫婦で夙川公園の桜を見に行こうと考えてたんですけどね…

来年こそは二人でお花見できますように!
2007.04
01
(Sun)

優秀なアシスタントたち♪ 

私がNikon D70を購入して丸3年が経ちますが、
今までに購入したレンズたちを紹介します。

本格的に写真をされている方には物足りない内容ですが、アクアリウムをやってて一眼レフもやってみたいという方の参考になればといいなぁと思います。
(あまりに高価なレンズは避けてますので^^;)

まず、Nikon D70で通常の撮影ができるレンズたちです。
(アクアリウム撮影にオススメなのは、①と④です)
きざい1

手前の段左から、
①SP AF 90mm F2.8 MACRO1:1 (172E)(TAMRON)中古品
②AT-X 124 PRO DX (12-24mm F4)(Tokina)
③AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)(Nikon)
④AiAF Nikkor 35mm F2D (Nikon)

奥の段左から、
⑤SP AF 17-35mm F2.8-4 Di LD ASPHERICAL(IF)(TAMRON)
⑥AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)(Nikon)
⑦70-300mm F4-5.6DL (SIGMA)(中古品、詳細不明)
⑧AF Nikkor 28-80mm F3.3-5.G (Nikon)
⑨1.5倍テレプラスMC-4 DG (KENKO)

①まずタムロンの90mmマクロですが、
これはもう定番のマクロレンズですね!
このブログで一番活躍してくれてるレンズだと思います。
また、非常にコストパフォーマンスがよいです。
(結構重要。アクアと同じで上見たらキリがありません…)
個人的には新型式の272Eでなくても十分かなと思ってます。
デジタル一眼レフに装着すると約1.5倍の望遠になるので、約135mm相当の焦点距離になります。
アクアではちょっと望遠すぎるかもしれませんが、
はまれば非常にいい絵が撮れますね。オススメです。
(中古品も多く出回っていて、かなり安く入手できます)
個人的にはシグマの50mm、ニコンの60mmも欲しいですけど。

②トキナー製12-24mm超広角ズームは風景撮りで重宝してます。
多少重たいですが、けっこう高級感があります。
色にじみが出やすいところが難ではありますが、
開放からとてもシャープでF4固定なのも使いやすいです。

③現在ニコンで一番売れているレンズ。
手ぶれ補正がかなり強力で、高倍率レンズとしては、ほぼ最強です。
ただ、スポーツなどの被写体ぶれしやすいシーンには向かないこと、望遠域での周辺減光が気になりますが、
総合的な描写力はいけてる方だと思います。

④一部では神玉と呼ばれているレンズです。
とにかく写りは申し分なく、開放ではマクロのようにフワっと、絞ればキリリと風景でも、と万能です。
軽量なのにF2と明るく、以外と寄れるところもいいですね。
ズームレンズのような便利さはないんですが、
圧倒的な描写力が魅力ですね!
(腕が上がったカナって勘違いしちゃいます^^;)
コストパフォーマンスも良好です。

⑤これはスペイン・ポルトガル旅行で大活躍でした^^
デジタルだと明るい標準レンズ、フィルムに着けると超広角、と1本で2度おいしいレンズです。
色乗りもタムロンらしい暖色系で好きですね。

⑥D70キットについていた、一眼レフ最初のレンズです。
このレンズ1本でずいぶん楽しませてもらいましたね。
必要十分以上の高性能です。
最近はキャラのかぶったレンズがたくさん出てますが…

⑦中古品をジャンク同然の安値で買ってきました。
2000円くらいだったかな?
壊してもいいや~ってカンジでだったんですが、
昨年は野球観戦のお供に活躍してました^^
非純正品の中古は値崩れが激しく、面白い買い物ができるかも?です。 

⑧このレンズは中古のNikon U2を買ったときについてきました。
レンズなしでも買えたんですが、ほとんど安くならなかったので、嫁さんに使ってもらおうかとレンズ付で買ってしまいました^^;
でもまだ一度も使ってません…ゴメンネ…

⑨野球撮影用に購入したテレコンです。
カメラとレンズの間に装着すると焦点距離が1.5倍相当になります。
アクアリウムでは必要ないかも。

おまけ。
きざい2

こちらはフィルム一眼レフのNikon U2(右)とNikon FE(左)です。
どちらも中古品です。
Nikon FEは私が生まれた翌年に発売された、とっても古いマニュアルフォーカスのカメラです。
FEについてるのはAi Nikkor 28mm 2.8Sです。
描写もいいですが、20cmまで寄れるのも強みですね。

手前真ん中のレンズはAi Nikkor 50mm 1.8Sです。
とっても薄くて小さいくせに、開放から良好な描写をみせてくれます。

奥の3本は父が所有していた、オリンパスのズイコーレンズです。
(28mm、50mm、75-150mm)
両親の新婚旅行にもついて行ったレンズです。
ボディは壊れてしまっていたので、中古屋さんでOMシリーズを物色中です。

書き出してみると最近使ってあげていないレンズがけっこうあることに気がつきました…
こんど旅行とか連れて行ってあげようっと^^
 | ホーム | 
リンク
ブログランキング
いつも応援ありがとうございます!

FC2ブログランキング にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

プロフィール

39cupy

Author:39cupy

「39cupy」の犬画像分析結果

犬画像の占い
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。